∧ page top

専門業界の職業相談

仕事上よくあるトラブルを防ごう。

どんな専門職でも、その道のスペシャリストとして社会に貢献することのできる素晴らしい職業です。職場や労働条件でお悩みの方はもう自分ひとりで悩まないでください。仕事上のお悩み相談窓口として各公的支援機関や経験豊富な専門家の方々と連携して対応いたします。
どうぞ、当相談センターを上手に利用し、解決の糸口を見つけて下さい。

女性の仕事復帰の職業相談

建設現場監督の職業相談

企業情報や労働条件をしっかり確認を
建設業の労働力不足がまだ続いています

建設の現場監督は日本を担うとても重要な仕事ですが、転勤も多く、給料や勤務体制の待遇が「厳しい」「報酬が仕事内容に見合ってない」「労働環境 が悪い」など、マイナスイメージを持たれることが多い厳しい仕事です。 また、その影響で「離婚率が高い」「体調を壊す」などの問題もかかえています。
現場監督という職業は、職人さんとの信頼関係やチームワークを保たねばならず、信用やコミュニケーション能力も必要です。
また、安全管理や品質管理など、人の命を預かる重要な役割ですから、やりがいもありますが、責任の大きいポジションです。これを読んで下さっている方の中に、現場監督の求人で「この求人良さそう」と応募したら全然違っていた...という経験をした方がいらっしゃるのではないでしょうか。
平成28年の国土交通省による建設労働需給調査結果から建設業の労働力不足がまだ続いていると思われます。 そのため「高収入」や「残業なし」等、耳触りの良い求人情報がたくさん飛び交っていますが、その分「実際に働いてみると募集時と話が違う」というトラブルも多発しています。
建設の現場監督は、過酷な労働環境が多い業界だと認識した上で就職活動を行って下さい。決して楽して稼げる業界ではありません。

納得できる条件で「自分に合った会社」を探しましょう

では、「建設現場監督は厳しい労働条件の会社しかないか?」と言えば、決してそうではありません。
納得できる条件で現場監督として仕事ができる会社はあります。
自分に合った会社を探すために大切なことは、「企業の良い部分 ( 強み )、悪い部分 ( 弱点 )」などを把握した上で就職することです。
この世の中には「完璧な会社」や「楽で儲かる仕事」はありません。どの企業にも強みと弱みがあり、特徴が異なります。 良い部分も悪い部分も把握した上で就職することで、自分自身納得し、結果「自分に合った会社」で働くことができます。
特に、東京オリンピック後の建設市場は下降すると予想されている今、東京オリンピック後の仕事も安定している企業の現場監督に就く事が将来を考えれば良い。ということになります。
自分に合った職種や企業を探したい方は、ぜひ当相談センターにご相談ください。
しっかりとお話を聞かせていただき、良い部分も悪い部分も含めた企業情報をお伝えします。

つらい職場環境で我慢して働いていませんか?

  • 公平中立な相談窓口
  • たくさんの解決事例
  • 不明瞭な料金は一切頂きません
  • 力強い連携サポート
  • 秘密厳守
  • 秘密厳守

■ もうひとりで悩まないでください ■

全国職業相談センターは、人材紹介会社ではありません。実際に求人をしている企業でもありません。
当相談センターは、仕事を辞めたい、人間関係の悩み、将来が不安等、職場や仕事上の悩みを抱えている方のための公平中立な相談窓口です。
仕事上のお悩み相談窓口として各公的支援機関や経験豊富な専門家の方々と連携して対応いたします。
どうぞ、当相談センターを上手に利用し、解決の糸口を見つけて下さい。

まずはお気軽にご相談ください

  • 働いてみると募集時と話が違う
  • もしかして、ブラック企業?
  • 人気の一流企業に入りたい
  • 産休明けだと仕事が少ない
  • 会社を辞めさせてくれない
  • 現場に張り付きで家に帰れない
  • 仕事内容に給料が見合ってない
  • 上司のパワハラがすごい
  • 経費が出ず自腹が多い
  • 採用面接、不安でいっぱいだ
今の仕事に不満
素人だけど農業を始めたい
派遣社員のままで将来が不安
独立してお店を出したい
自分に向いてる職業がわからない